むし歯治療

CARIES TREATMENT

歯が痛い・しみるなら
注意信号です

TREATMENT

むし歯というのは、むし歯の原因菌(主にミュータンス菌)が糖分を餌にして作り出す酸によって歯が溶けていく病気です。しかし、歯の表面(エナメル質)がむし歯になってもほとんどの場合は自覚症状がありません。痛みがあるということは、それより内側の象牙質や歯の神経(歯髄)にまでむし歯が進行している可能性があります。

むし歯も痛いけど、治療も痛そう。。

そう感じている方もご安心ください。
当院では、痛みの少ない方法で治療を進めますので、歯が痛い、しみると感じたときはすぐにご来院ください。

痛みが少ない治療

TREATMENT

治療は最小限に

治療中に感じる痛みは第一に歯を削る際の振動によるものです。当院の治療の特徴は、むし歯になっているところを的確に見極めて、削る範囲を最小限にすることです。見極めが難しい場合は拡大鏡(ルーペ)を使用して視野を拡大して治療します。
また、機械では削りすぎてしまうと判断した場合は、耳かきのような器具(エキスカベーター)で手作業で少しずつむし歯を取っていきます。

痛みの少ない麻酔法

むし歯が歯の神経(歯髄)に達している、または近い場合の治療はどうしても痛みが伴いますが、そのような場合には麻酔処置を施して痛みを感じないで治療を受けていただけるようにします。
麻酔の注射が痛い、苦手という方もいらっしゃると思いますが、当院では麻酔注射も痛くないように施します

麻酔注射のポイント

  • 注射針の当たる箇所に塗るタイプの麻酔を使って感覚を麻痺させます
  • 極細の注射針を使っています
  • 薬液を事前に温めておくことで注入時の違和感を緩和します
  • 電動の注射器を使ってゆっくり適切な量で注入すること注入圧の少なくします

これらを丁寧に行うことで痛みの少ない麻酔ができるのです。

詰め物・被せ物の
こだわり

TREATMENT

詰め物・被せ物のポイント

むし歯の治療は、できるだけ正確にむし歯になっている箇所を取り除くだけでなく、治療後の「詰め物・被せ物」も重要です。「詰め物・被せ物」が合っていないと、隙間や段差にプラーク(歯垢)が溜まってむし歯が再発する可能性が高くなりますし、かみ合わせがあっていないと、かみ合う歯へダメージを与えてしまったり、頭痛や肩こり、あごの不調の原因にもなります。

歯型模型の製作

歯型の模型は、印象材(ピンク色の柔らかいゴムのようなもの)で歯の型を採って、その中に石膏を流し固めて作成するものですが、どこで誰が作っても同じというものではありません。
より正確な歯型模型を作るポイントは、正確な型採り正確な石膏の硬化です。

正確な型採り

印象材は2種類の材料を型採りの直前に混ぜ合わせることで短時間で固まります。一般的には人の手で混ぜ合わせることが多い印象材ですが、当院ではいつでも同じように安定した効果を得るために専用の機器で行っています。

正確な石膏の硬化

さらに、石膏と水を混ぜ合わせる比率(混水比)にもこだわっています。石膏は固まる際に膨張するため、それを考慮して型を採っているのですが、この混水比が正しくないと最終的な歯型模型の精度に狂いが生じてしまいます。

セラミックの詰め物・被せ物

プラークや歯石が付着し難く、本来の歯と見間違えるほどに審美性に優れたセラミックの詰め物・被せ物も取り扱っております。セラミックは経年による変形が少ないため、詰め物や被せ物と歯の間に隙間ができ難くむし歯の再発(二次カリエス)リスクを抑える効果も期待できます。

当院は予防歯科に力を入れて取り組んでいます

お口を永く健康に保つためには、できるだけ早い段階でむし歯を見つけることが大切です。
定期健診を受けていただくことをお勧めしています。

診療予約について

RESERVE

患者さまをお待たせしないために、診療は予約制とさせていただいております。お電話にてご予約ください。

 
9:00~13:30
14:30~18:00
休診日:月曜日 / 日曜日 / 祝日
診療日
訪問診療

〒331-0804 埼玉県さいたま市北区土呂町2丁目12-2
マロニエスクエア2F
JR土呂駅東口 徒歩0分